売り切れ必須!?理系男子によるアニ街コンの感想とレポート|秋葉原

 

街コンのレポで街コンCEOさんのサイトをよくチェックしていました!

そこで、今回私の街コン体験談を寄稿させて頂きます。

 

通常の街コンではなく、アニメ好きが集まる

「アニ街コン」に参加したときの話です。(何度か参加したことがあります)

 

⇒ 参加したアニ街コンはこちら

 

「アニ街コン」とは、アニメやゲーム好きの男女が集まる街コンで、

オタクの趣味を隠さずに趣味の合う人と付き合いたいという男女に人気です。

 

最初は、高校時代の友人に誘ってもらい参加しました。

 

街コンジャパンのHPをみると、

 

  • 男女比1:1に拘っている。
  • 席替え方式で6組以上と会話が可能。

 

という内容が書かれていました。

 

男子高校出身で理系大学出身という
女性と縁の遠かった私でも、話しやすい仕組みだ!

とテンションが上がったのを思えています(笑)

 

お互い非モテでアニメ好きだったので、

「この街コンだったら女の子と楽しく会話できるかもしれない!」

と思い参加しました。

 

 

CEO

この方は立ち上げ当初からいつもチェックして下さった方です。

今回、CEOさんの苦手なアニメコンのレポがあります!ということでご連絡を頂きましたw

どうぞご覧ください!

 

参加した街コン

地域:東京・秋葉原

特徴:アニメコン

参加方法:街コンジャパンより

 

アニ街コンの詳細・当日の流れ

詳細

男女比 1:1を徹底的に追及
料金 男性9000円くらい、女性2000円くらい
年齢 女性:20代~30代前半 、
男性は20代~30代後半
→現在は、男女ともに「20~35歳」「20~29歳」「30~35歳」のように、
年齢の範囲別のイベントが作られているようです。
運営形式 100%完全着席

(席替タイムで6組以上の異性と会話が可能)

飲食 ビュッフェ形式
アルコール・ソフトドリンクが飲み放題
会場 1店舗

1~3ぐらいのまとまりで同時スタート

 

アニコン当日の流れ

1、受付
身分証明書で年齢確認が行われます。

2、席に案内されてプロフカードに諸々記入
男性2人、女性2人の4名席が基本です。

3、席替(5~6回ほど)
席替えの5分くらい前にスタッフさんより連絡先交換の掛け声が入ります。

4、公式アフターパーティ(希望者のみ)

 

アニ街コンへの参加経緯

 

「アニ街コン」は、オタク男子にとても人気の高い街コンです。

初参加の時は友人に申し込んでもらったので気が付かなかったのですが、
いざ、自分で予約しようと思うと男性はいつも満員で申し込めません。

 

なので、開催情報は街コンジャパンのHPを頻繁にチェックして、
開始情報を見つけたら、すぐに申し込みをしていました。

 

料金は正直高いな・・・と思いました。

 

また、申込みが難しい「アニ街コン」ですが、参加しようと思った理由は、

男女比1:1が守られており、100%完全着席制なので、

奥手なオタク男子でも女性の連絡先をゲットしやすいからだと考えました。

 

アニ街コンレポート

※募集ページより

 

事前準備

初回は何も考えずに参加当日を迎えていたのですが、
何度か参加するうちに事前準備をするようになりました。

 

事前準備とは、
オタク女子が観ていそうなアニメの情報をチェックしておくことです!

オタク男子が好きなアニメ(萌系・ロボット系)だけしか知らないと、
会話を広げることが出来ません。

なので、僕の場合ですが、おそ松さんや弱虫ペダルや刀剣乱舞など
オタク女子に人気がありそうなアニメを少しでも視聴してから参加していました。

 

当日のアニ街コン

当日は、ある程度余裕をもって10分前くらいに到着することをオススメします。

 

私は、初参加のときにギリギリに到着してしまいました。

その日、到着が遅れている女性の方々がいて、
2回目の席替えまで男2人で近況を語り合うハメになりました(汗)

 

開催地は、池袋、秋葉原、横浜などで参加したことがあるのですが、
特に池袋と秋葉原では、
男性100名、女性100名、合計200人ほどの参加者がいました。

会場となる飲食店も数箇所のまとまりに分かれる規模でした。

 

到着すると、
スタッフさんの方がコスプレをしていたり、楽しそうな雰囲気で受付が行われます。

年齢確認後、席に誘導されます。

席につくと、プロフィールカードが置いてあるので、諸々を記入します。
私が書いた内容は次のようなものでした。

 

プロフィールカード内容

  • ニックネーム
  • 年代
  • 血液型
  • 職業
  • 休日
  • お酒
  • タバコ
  • 居住地
  • 出身地
  • 出没エリア
  • デートで行きたい場所
  • オタクジャンル
  • 好きな作品、キャラクターなど
  • BL理解度
  • オタク以外の趣味
  • 好きな異性のタイプ
  • ひとこと

 

ここで注目なのが、

「好きな作品、キャラクター」「BL理解度」です。

 

「好きな作品、キャラクター」は枠が大きいのでいろいろ書けます。

ここで、事前準備で予習しておいたオタク女子に響きそうな作品も書き込みます。
会話に詰まった時に、沢山書いておくと助かりました。

 

「BL理解度」について

  • 特技は掛け算ですがなにか?
  • 多少の理解も知識もあります
  • 興味ないけど相手の趣味は尊重
  • あんまり好きじゃないです

 

の4段階で丸を付ける方式です。

参加してみて、オタク女子の半分以上はBLが好きなんじゃないかと思いました。

なので、この項目は「多少の理解も…」にしておくのが無難です(笑)

 

ちなみに、少数ですが、
萌える女の子キャラが好きな女性もいました。

プロフカードに記入が終わる頃には、1回目の席でトークが開始されます。

 

男女2人づつペアを組み、1席4人でトークします。

 

時間は大体15~20分くらいです。

 

話の70%くらいは、それぞれの好きな作品やキャラクター・声優さんについての
オタクトークだったように思います。

 

私よりもオタク度が高い方も多かったです。

 

好きな趣味の話題なので、ほぼ会話は途切れず盛り上がります。

 

終了の5分前くらいに、スタッフさんが親切に連絡先の交換を促してくれるので、
ストレス無く男性側から連絡先の交換を提案することができます。

 

また、席替えは5~6回席替えがあるので、
10人前後の女性と連絡先交換をすることが可能です!

 

連絡先を交換する際に、それぞれのプロフ用紙をスマホなどで撮ります。
名前やその時の会話を忘れないためです。

 

アニ街コンの参加女性について

※募集ページより

 

女性は友人同士で参加している方が多い印象です。

外見も特に普通の街コンと同じ感じで、キレイな方もいます。

20代前半で、外見が可愛い女の子もいて、

こんな女性も同じオタクなんだ~と思うと「アニ街コン」は最高だな!

と思いました(笑)

 

印象が良かった女性

男性が好きな傾向のあるアニメに対しても質問してくれたり、会話を広げてくれる方が好印象でした。

また、自分から好きな分野の話をしてくれると嬉しかったです。

実は、小説を書いていたり、絵を描いていたり、コスプレしていたり、「コミケ」にサークル参加してるなど、熱い活動の一面を知れると、もっと話を聞きたくなりました。

 

印象が良くなかった女性

あまりいませんでしたが、男性側がトークを盛り上げるのが当たり前だ

という雰囲気を感じてしまうと、印象が良くありませんでした。

 

アニ街コンの参加男性について

※募集ページより

 

平均的に理系っぽい男性が多いですが、爽やかイケメンもいます。

 

1人参加の男性が半分くらいでした。

私も、初めての時は二人でしたが、今回のレポは1人参加でした。

 

というのも、せっかく10人前後の女性と交換できたとしても、

友人との関係を考えてデートに誘わなくてはならず、気まずいからです。

 

1人参加の場合は、当日たまたま前後に並んでいた男性と1日中ペアを組むことになります。

幸い、変わった男性とペアを組むことは無かったので助かりました。

意外とペアになった男性と仲良くなったりします(笑)

 

公式アフターパーティについて

※募集ページより

 

2次会として、公式アフターパーティがありました。

1次会の終わる間際にスタッフさんが各テーブルに参加の確認をとります。

 

全体の半分くらいの方が参加しました。

男女比率は65%くらいが男性だったと思います。

 

1次会とは違い、2次会は立食フリー形式です。

1次会でペアだった男性と仲が良ければ、
そのまま一緒に女性へ声を掛けに回ったりします。

 

フリー形式なので、男性側に勇気が求められるのですが、
1次会で席が一緒にならなかった女性が沢山いるので、
頑張って声を掛けて女性と話しました。

 

ここで、あるあるなのですが、
女性同士でオタクトークが始まってしまう事があります。

 

実は、オタクの女友達を探しに来ている女性もいるかもしれません。
女性は気軽に参加可能なので。

 

その女性のグループに入って行くのは、かなり勇気が必要です(汗)

 

結果として、
2次会では、4~8名くらいの方と連絡先の交換が出来ました。
(これは、フリー形式なので個人差があるかと思います。)

※余談ですが、2次会ではビンゴ大会なども行われ、景品を頂いたこともあります。

 

アニ街コン参加後の発展について

これまで、詳細にレポートをしてきた私ですが、彼女はできませんでした(泣)

1次会と2次会で合計8~15名くらいの女性と連絡先を交換することができる「アニ街コン」。

 

「アニ街コン」は素晴らしいと思います!

 

実際に、連絡先を交換した20%くらいの女性とは、1回目のデートに行くことができました。

その後、2回目のデートにたどり着くのは、1人居るか居ないかくらいでした。

 

ただ、普通の街コンでは、ここまでの成功率を収めることは出来なかったと思います。
アニメという共通の話題があるおかげです。

 

ここから、あくまで個人的な考えでありますが、

1対1のデートでは、アニメという趣味以外に、

もっと根本的な考え方や相性が問われると思います。

 

街コンに来られる女性は男性に安定感を求めていると思います。

 

そして、今の私には安定感はありません。

 

安定感のある男性はモテるかも?

 

また、女性は参加する前と比べて、多くの男性からアプローチされているので、
一時的に競争率が上がっている状態にあります。

 

なかなか、難しいです(笑)

 

最後に

※募集ページより

 

一度は、アニメ好きの男性は「アニ街コン」に参加して試してみることをオススメします。

 

安定感があって、清潔感があり、女性の話を聞ける男性なら成功するかもです!

 

非常に人気があるので、申込みから大変かもしれませんが、健闘を祈ります!!!

 

実際に使ったプロフィール画像も送ります⇩

 

 

CEO

こんなに細かく丁寧にありがたいです!!

アニメコンを久しぶりに調べてみましたが、売り切れの速さが尋常じゃないですね。

これからも頑張って素敵な彼女を見つけて下さい!

 

秘書

プロフィール画像まで頂きまして、ありがとうございます(^^)/

総勢200人規模ですか…通常の街コンとは比べ物にならないですね!

アニメコンで彼女が出来た際はまたご連絡下さいね♪

 

 

\ 街コン情報はこちらから検索可能です /

 

 

街コン情報

こちらからお近くの街コンを検索してみて下さい。

街コンジャパン:https://machicon.jp

 

【ミッションコンプリート10人まとめ】

動画・音声で振り返る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です