それは本当のロマン!?服を脱ぐ前に巨乳か偽乳かを判別する方法

社員の皆様、こんにちは。

秘書です。

 

日本全国の巨乳ファンの皆様、こんにちは。

 

……と前置きするのも、最近男性はみんな巨乳好きというわけでも無くなってきているからなんですが、それでもまだやはりおっきなおっぱいが好きな人は多いですよね。

 

CEO
それは私のことだな。

 

で、そんな巨乳好きの皆さんが一度は体験するのが「巨乳失踪事件」

 

出会った時は確かに巨乳だったのに、いざホテルに入って服を脱いだ途端…

楽しみにしていた巨乳がどこかに行ってしまい行方不明になるあれです。

秘書
今回はそんな悲劇を避けるためにも、女子が教えるにせ巨乳のみ破り方について伝授いたします♪

巨乳の定義と対象

なんだかアカデミックなタイトルになってしまいましたが。

 

まずはどこからが巨乳なのかを決めないと話ができませんので、有名女性雑誌「キャンキャン」が実施した男性へのアンケートでの結果をここでは採用します。

 

それによると、巨乳はE~Fなのだそうです。

 

というわけで、この先はE~Fに見えるんだけど、本当にそうなの?という観点から見ていきましょう。

巨乳作りの基本

女性用シャンプーのCMでお馴染みの「可愛いは作れる」

可愛いが作れるのだから巨乳も作れてしまうのがこの時代。

 

なんだか料理記事のようですが……。

 

基本的に巨乳作りというのはいかにおっぱいのある場所に周辺のお肉を寄せて固めるか、この一点に全てが集約されているといって間違いありません。

 

あとは、パットをいれているかどうか。

 

ということはつまり、作られた巨乳というのはブラジャーの機能によって規定されるということをまずしっかりと認識しておきましょう。

 

そうです、敵はブラジャーなのです。

作られた巨乳の見分け方。(普通~スレンダー系)

ではまず初めに、体形が普通~スレンダー系の人について見ていきましょう。

スレンダー系はよせる肉が少ない

先ほど書いたように、基本的に巨乳作りは肉を寄せるというのが一番のポイント。

 

ところがスレンダー系の女性というのはもともと寄せるお肉がおっぱいの周辺になく、巨乳作りがとても大変な部類になります。

 

ですので判断は非常に簡単。

 

大きく分けて二つのポイントを見るといいでしょう。

バストの位置が高い。

スレンダー系の偽巨乳のポイントとして一番多いのが、このバストの位置。

 

おっぱいを寄せようと思っても左右にお肉がない場合、寄せて持ってくるべきお肉がおっぱいそのものにしかないわけですね、ですから位置を高くすることによって「盛る」わけです。

 

本当にこれは涙ぐましい努力なので、同じ女性としてちいさくエールを送りたいのですが、下手をするとあごのすぐ下に胸があったりしますからね。

幅のない胸に谷間がある

これ本当に引っかかる男性が多いのですが、きっと「それって美乳の証じゃん?」と思っている人も多いはずです。

 

確かに小ぶりなのに高さがあって、ツンと上を向いた胸というのは、いわゆる美乳というカテゴリーに入る胸ですが、そんな都合のいい胸なんて砂漠でダイヤを探すようなもの。

 

幻想です、あきらめてください。

 

基本的に、まず谷間ができるほどの巨乳の人というのは、全体的に胸が大きな女性なのですから、当然胸のエリアに幅があります。

 

ところが無理やりブラで谷間を作っている人は、左右から胸を中心向きに押さえ込んでいるんですね。

 

ですから、小ぶりの胸に谷間ができるという、一見男性がとても喜びそうな美しい胸の形ができ上るということになるわけです。

 

しかし、言うまでもなくこれも偽乳です。

ストラップの位置がワキの上

これもある意味胸の位置が高いと共通ですが、重要なポイント

 

いわゆるストラップの位置がワキより上にあるということは、カップが高い位置から始まっているということで、これによって、今まで紹介した二つの偽巨乳の作り方のどちらにも効果を発揮するわけです。

 

そう、高い位置に胸を持ってくるにも胸を左右から押し込むにもカップの位置が高い位置になくてはいけないのは自明ですからね。

 

ちなみに、冬は難しいですが、夏は結構見るとわかりますよ、ストラップの位置。

作られた巨乳の見分け方(ぽっちゃり系)

さて、作られた巨乳を見分けるのに難しいのがこのぽっちゃり系。

 

いわゆる男性の言う「太っている」女性だけでなく、どっちかというと痩せてはないくらいの女性でも、巨乳作りがぐんと簡単になるんですよ。

寄せ肉が多いので作り放題

巨乳作りに寄せる肉。

 

男性はきっと、ワキの肉くらいに思っているかもしれませんが、おっぱいを大きく見せたい女性の根性と執念はそんな簡単なものではありません。

 

そう、ある意味そこらじゅうのお肉を胸に寄せるのが、鉄則。

 

脇の下は当然のこと、胸の下にあるお肉、わき腹のお肉、そして中には背中のお肉までも前に持ってきてカップ内に収めようとしています。

 

友人に話ですが、これがうまくいくと2カップもサイズアップすると言うのです。

つまりEカップだと思ってホテルに誘ったら、開けてびっくりCカップだったというようなことまであるんですよ。

ブラが下の方まである

寄せるお肉が多い人の場合、いかにブラジャーの範囲を広範囲にするかがポイント。

 

おっぱいの周りにあるお肉をブラジャー中に収めてホールドしない事には周りのお肉は逃げてしまうのですから、ブラジャーの占有エリアはかなり大きくなってきます。

 

特に大きな胸を作ってホールドするためには、下からの支えが重要。

 

そうなってくると、いわゆるカップの下にあるアンダーベルトの位置が広いブラジャーほど、この作るあげて巨乳をホールドする力が強いということになるんですね。

脇腹に直線がある

これもよくわかる方法ですね。

 

乳首の位置からまっすぐ体側に向かって線を引いて脇腹に到着したあたりが基本的にブラジャーのサイドベルトの上限になるのですが、そこの幅がやたら広いとこれは作っている可能性大。

 

とはいえ、そんなのわかんないよ、と思われるかもしれませんが、触ればすぐに、薄着なら見た目でわかります。

 

だって、そこが直線になっているんですもん。

 

特にぽっちゃり系のひとだと、全体的にユルフワな感じなのに、そこだけがシャキンとまっすくになっているので、結構わかりやすいですね。

揺れない巨乳にご用心

いかがでしたか。

 

結局作られた巨乳というのは、しっかりとブラでホールドをしてカッチカチに固めてある胸なんですね。

 

ですから、一つの見分け方として「揺れない巨乳にご用心」といえるかもしれません。

 

ぜひ参考にして下さ……というか、胸がちっさくても楽しめますからね!

 

おっぱいは感度!

と、巨乳にあこがれて様々な強制、もとい矯正ブラを試してきた私は、最後に小声で呟いておきます。

 

CEOが伝授する巨乳へのギラツキ方法はこちら⇩

 

巨乳と出会えるかも?ぽっちゃり街コン特集はコチラ⇩

>一度に約10人と出会えるのは街コンだけ

一度に約10人と出会えるのは街コンだけ

全国150万人が登録する国内最大手街コン情報サイト

CTR IMG