マッチングアプリでデートまで発展しない人はデートを先にすればいい

秘書
社員の皆様、こんにちは!秘書です。

 

マッチングアプリを始める目的・・・それがヤリモクでも清い(笑)交際でも。

 

いくらネットが発達しても、バーチャルが優秀でも、まずは出会って一緒にデートしないと何も始まらないのが男女の関係というものですよね。

 

で、そんな関係を築くためのアプリとして“マッチングアプリ”というものがあるわけです。

 

でもこれ本当に出会うまでに時間がかかって、面倒なと思っている人っておおいと思うのです。

 

そこで、今回はそれよりももっと簡単に出会える『デーティングアプリ』についてご紹介しますね。

マッチングアプリは先が長くて手間がかかる

最初に言っておきますが、マッチングアプリが悪いとは言いませんよ。

 

ちょっとネット上で疑似恋愛のようなやり取りとか駆け引きをするのって楽しいですからね、なかなか良く出来たシステムだなぁとは思うんです。

 

ただ、すぐにでも!な人にはちょっとおすすめできないんですよね。

マッチングアプリの面倒なところ(1) プロフィール・写真を完璧にする

マッチングアプリの仕組みと言えば、男女双方の”いいね”があって、マッチングするというもの。

そこからやり取りが開始されるわけなので、最低ラインに立つためには、アプリを始める段階ではなく、『マッチング』してからです。

 

マッチングをするためには、プロフィールの作り込み、女子受けの良い写真を公開していくのが最初のステップとなります。

 

まぁこれが面倒くさいうえに、書いても中々マッチングしないという現実があるわけです。

マッチングアプリの面倒なところ(2) 利用者が多い

これもいいことじゃん!って感じですが、即出会いたい人には難関。

 

というのも人数がたくさんいるということは、女子としてもじっくり品定めができるということなので、実際の出会いにつながるまでの時間はその人数だけ先に伸びますよね。

 

しかも、男性は多くのライバルの中でかなり頑張る必要も出てきます。

 

もちろん女子の登録人数も今はおおいですから男性的にも選べるという利点はあるのですが、ラーメンしかないお店での注文と本格中華料理店での注文。

 

どっちのほうが時間がかかるか、女子をよく知っているみなさんなら即答できますよね?

マッチングアプリの面倒なところ(3) 目的は恋愛

そしてこれが一番のポイントです。

 

そう、マッチングアプリの目的が、いかに男性にとってヤリモクであったとしても、とりあえずデートしたい!という即物的なものであったとしても。

 

女子的には『恋愛』です。

 

それが清い(笑)交際なのか、とりあえず男の子と付き合いたいなのか、サクッとパートナーがほしいのかはそれぞれの思惑があるとしても、目指すところは恋愛。

 

だとすれば、相手選びに時間を掛けるのはとうぜんですし、すぐ会いたい感を出してくるひとは、普通警戒します。

では、すぐに会いたいならどうすればいいのか?

マッチングアプリは、ご覧のとおり超面倒です。

 

でもそれは、とりあえずデートしたいとか、すぐにでも女の子に出会いたいという人にとって面倒なだけであって、恋愛をきちんとしたいひとにとっては重要で必要なプロセス。

 

さすが『すぐに会えないからマッチングアプリはクソ』というのは、ワガママすぎますよね。

 

とはいえ、すぐに会いたい!という気持ちがあるのは仕方のないことです。

 

そこでおすすめしたいのが、デーティングアプリ。

 

このデーティングアプリには一番面倒くさい「女子の心の壁」というものがないというのが特徴なんです。

デーティングアプリは、デートをするためのアプリ

ご紹介する唯一無二のデーティングアプリ「dine」

利用者数が伸びまくっているこのアプリの特徴は、まさにデートに特化したものだという点にあります。

デートが目的のアプリ

マッチングアプリは、少なくとも女子にとっては恋愛のためのもの。

 

蓮阿に必要な相性診断や、出会うまでの交流、実際にデートするまでに確かめておきたいことの確認や1対1でのバーチャルコミュニケーションなどいろいろな機能を持っています。

 

しかし、このデーティングアプリは違います。

 

その目的は『デートをする』これのみ。

 

それこそ『どこどこでいついつデートをしたいからこんな人いませんか?』と、もはや1対1の出会いがファーストステップで存在しているアプリです。

当然利用する女子も”デートをしたい”

そう、ですからそこにいるのは当然「デートをしたい女子」です。

 

その先に恋愛を見すえているのか、ワンナイトを求めているのか、はたまた、ちょっとご飯を一人で食べるのが嫌なだけなのか、初めて行くお店に一人で行きたくないのかは知りませんが。

 

その目的は『デート』のみ。

 

つまり、女子の方も積極的にすぐ会いたいというひとばっかりだという事なんです。

 

こればっかりは、確定です。

一番やっかいな「女子の心の壁」がない

結局マッチングアプリが面倒くさいは、『女子の心の壁』に配慮しているからです。

 

できるだけ時間をしっかりと掛けて、初めて出会う人に対する『不安』『恐怖』『緊張』『照れ』あとは『倫理観』とか『モラル』でできた心の壁を崩そうとしているわけです。

 

しかし、デーティングアプリはそうではありません。

 

そこにいるのはすでに、自ら『心の壁』をくずしている、もしくはデートくらいに『心の壁』なんか発動しない、いわゆる強キャラな女子。

 

即、出会えます。

男性の気兼ねも少ない

そして大事な要素としてあるのが、男性の気兼ね。

 

いくら出会いたくてしょうがないと言っても、やっぱり初めて出会う女性に対しては気兼ねや照れ、緊張というものはありますよね。

 

でも、デーティングアプリなら、その部分も大きく減少。

 

だって、女子だってデーティングアプリの仕組みはしっているわけですから、最初からそんな過度な期待はしていませんよ、実際。

 

安心してリラックスな感じで、会えばいいのです。

 

 

CHECK

dineの利用料金、無料・有料プランの違いについて/街コン戦略室

マッチングアプリとアナログの出会いを併用してより効率化を図ろう!

マッチングアプリもデーティングアプリも、大胆にカテゴライズすれば結局は出会い系アプリですが。

 

大事なのは用途に合わせて使うということなんですよね。

 

じっくり関係性を深めてから出会うというプロセスになんの違和感も面倒くささも感じなければマッチングアプリでもいいですし、ガンガン出会いたいならデーティングアプリが最適。

 

そして、マッチングアプリで日々やり取りを行いながらも、アナログ(合コンや街コン、婚活パーティー)の出会いで”手駒”を増やしていく。

 

という方法を取ることで、日程管理もしやすくなれば、新たな出会いを効率的に増やしていくことが可能です!

 

秘書
合コンセッティングアプリも人気です♪
関連記事

社員の皆様、ご苦労様です。 街コンCEO(@machicon_ceo)です。   アナログの出会いとして昭和の古き時代から親しまれているものと言えば何でしょうか?   ・・・そうです、合コン[…]

 

\ 約8~10人と出会えるのは街コンだけ /


【動画・音声で振り返る】


 

>一度に約10人と出会えるのは街コンだけ

一度に約10人と出会えるのは街コンだけ

170万人動員!国内最大手街コン情報サイト

CTR IMG