街コンCEOの歴史

社員の皆様、ご苦労様です。

街コンCEOです。

 

私、CEOの人生遍歴について【真面目に+エロ要素】を含めながら、ご紹介したいと思います。

また、本舗初公開ともなるCEOの顔出しもありますので、順を追ってご覧になってください。

 

CEO
かなり赤裸々に綴っています!
秘書
分かってはいましたが、結構クズですね

【簡単なプロフィール】

誕生 1989年1月(平成元年)
学歴 大卒(高校中退歴あり)
仕事 自営業
趣味 街コン,欧州サッカー観戦
お酒 普段は飲まない
経験人数 150人ほど
街コン参加回数 29回
ミッションコンプリート数 18人

幼稚園

某北信越地方の田舎県で誕生。

 

サッカーにハマる健全な幼稚園児。

サッカー以外は、女子へのスカート捲りにコミットした生活を送っていました。

 

主なエロ・エピソード

  • スカート捲り(パンツ触り)を流行らせ、先生から親に電話される

小学生~サッカーでプロになる夢を挫折~

高学年になり、地元の強豪サッカーチームに入団。(県大会1位、北信越大会2位の成績。)

 

一人で試合を決めてしまう絶対的エースがいたものの、レギュラーとしてプレイしていたことで多少の自身もあり、将来はプロサッカー選手になれると信じていました。

 

しかし、6年生になった時に現実を見せられたことにより、ねじ曲がった発想を持ってしまう結果に。

東京の遠征に行ったときに、相手は西東京都エリアでベスト16ぐらい相手と試合を行いました。

 

北信越2位のチームだったので、格下のチームとばかり思っていましたが、接戦にもならず、普通に敗れました。

 

襲い掛かる圧倒的な絶望感

 

子供ながらに、そこそこサッカーがうまい奴を集めたチームでも、都会のチームには勝てないという現実を知ることに。

 

なぜ、俺を田舎で産み育てたんだ!と、本気で親を恨みました。

 

プロ(一流)になるためには環境(都会)が全て

 

小学校高学年の時に芽生えた大都会、東京への憧れ。

これが今後の人生を大きく変えていく要因になるのでした。

主なエロ・エピソード

  • 音楽の授業で鍵盤ハーモニカを吹く女子の胸チラを追っていた
  • 学校裏にある神社で二人エッチの漫画を読み、性へ目覚める

中学生~卓球で北信越大会を目指す~

サッカーで挫折を味わったCEOが次に選んだステージは「卓球」でした。

 

今でこそメジャースポーツとして認知されているものの、当時は「陰なイメージ」しか持たれません。

それを理解していたものの、サッカーという選択肢がなくなった状況で打ち込むこもうと思うスポーツは他にありませんでした。

 

サッカーと同等に楽しいもので、練習も苦にはならず、卓球のもつ魅力にハマっていました。

最終的には北信越大会一歩前で敗れる結果に。

 

最後の試合はCEOの優勢であと1セット取れば勝ちという状況にも関わらず、逆転負け。

敗因は「メンタルの弱さ」これに尽きました。

 

ちなみに、恋愛に関しては、人並みに好きな子が出来るものの、圧倒的なエロキャラを披露していたのが理由か定かではないものの、女子からはドン引きされていましたw

 

最後の方は、他校の女子と付き合う寸前まで至ったものの、告白に極度の恥ずかしさがあり、断念。

ほどなくして、中学校生活が終了。

主なエロ・エピソード

  • キャンプで女子の露天風呂を覗き見(のちにアイドルになった子もいた)
  • 修学旅行で初めて女子の乳首にコミット

他にも小さなことがあったかと思いますが、大きな印象として残っているものを上げました。

高校入学~目標は市内制覇~

高1の時のプリクラ

甲府市内にある学校を全て制覇する!(各校一人)

この目標にコミットとした男の姿です。

※後にも先にも顔出しはこれでラストです。(時代を感じるプリクラですw)

中学校時代はとにかく勉強嫌いということと卓球の成績がそこそこ良かった(とは言え県レベル)こともあり、県外の高校へと進学します。

 

そこで待ち受けていたのは「自由」でした。

 

推薦で入学したとはいえ、特待生という訳ではなかったので、スポーツクラスに居ながら卓球部に籍を置くだけで許される神待遇でした。(※ハンドボールが全国クラス)

 

県外の学校ということで生活は寮生活。

この寮もまさかの男女共同という神条件でしたw(正確には社会人などもいるような民間が運営する寮サービスを学校が利用していた)

 

入寮して1週間も経つ頃には、先輩女子8人ほどから品定めをされます。

ここで、女性陣の話題となったのが、CEO。

 

女子から見られる状況にいた(思い込み)CEOの自意識過剰な部分が開花してしまったのです。

 

学校から帰り、汗を流すべくシャワーを浴び、夕ご飯を食べに食堂に行くときに再度、髪の毛をセットしていくという芸能人ばりの目配りをしながら寮で生活を送っていました。

 

いつ、どんなときも最高のCEOとして見られたい

底辺の芸能人やアイドルよりも意識が高かったですw

 

また、いつか訪れるであろう「寮内SEX」を果たしたかった為に、常に外見を気にするようになってしまったのでした。

 

そんなバラ色ともいえる学生生活が幕を開けました・・

常に女性を意識して悶々と生きる男の生活は女性なくして成り立つものではありませんでした。

 

ほどなくして、寮内の先輩女子と関係を持ち始めたり、甲府市内を制覇する目標を達成したり、ナンパを覚えたりと性に邁進して行きました・・

 

主なエロ・エピソード

  • 寮内(男女共同)で1年の間に二人の先輩女子とやる
  • 初めて逆ナンをされる
  • 市内の学校全制覇達成
  • ナンパで初即(出会って即日にヤる)を成し遂げる
  • ナンパで出会った子の家に行き、その子の姉に足を洗ってもらい、その後本人とヤるという奇妙な体験をする

・・・そんなバラ色とも言える生活も約1年で終わりを迎えます。

 

極度の勉強嫌い+女好きの性格が災いし、

  • 学校に行く意味を見出せなくなってきたこと
  • 目標である市内の高校を制覇したこと
  • 東京で数年後、ホストとして食っていく。というような浅はかな考え

を持ち、あろうことか、学校を中退。

 

頭の中はお花畑、人生イージーモード邁進中のCEOの人生がこれから変わって行くことになろうとはこの時は思っていませんでした。。

通信制高校転入~夢だった東京へ~

高2の秋の自撮り

甲府市内にある学校をすべて制覇するという目標を達成した男が目指したのは、花の都「大東京」。

環境こそすべてと考えていた男はその環境を手にしたものの・・

この頃の底辺高校はギャル文化の全盛期。

 

ブチアゲトランスやトランスレイブのアルバムを買いそろえ、当時の着信音(着うた)はトランスでイケイケ野郎にw

 

流行の最先端を行く東京での生活の為、服装もギャル男仕様に、肌も週2で日サロ通いを行い、都会仕様になったつもりでいました。

 

…完全なる黒歴史ですw

 

地方で無双出来たのであれば、東京に行けば、その何倍もの女とヤれる。

そんな幻想を抱いていたものの、現実は甘くなかった。

 

自由がもたらす先にあったのは破滅への入り口でした。

 

アパート代と生活費だけは自分で工面をするということで東京行きを猛反対していた親を説得していたので、生活のメインはアルバイト。

朝5時から牛丼屋で働き、昼から学校。夜からスナックの客引き。

(深夜まででしたが、年をごまかして働いていました。2日目で社長にバレて怒られるかと思いきや、黙認。)

 

東京に行けば女とヤリ放題だ!

(プリクラに東京とか書く田舎者丸だしw)

 

なんて意気込んでいたものの、東京という圧倒的都会感(千葉や埼玉も)というイメージに勝手にビビッていました。

 

俺のような田舎出身者なんて相手にされないんだろうな・・というネガティブ思考に支配されていたため、都会のJKとは接点を持つことすらビビッていました。

 

地方コンプレックスの塊だったCEOは、東京という最高の環境に身を置いたにも関わらず、自分勝手な解釈をして戦うことから逃げてしまったのです。

 

また、都会の通信制高校(学校はビルの中)という環境にいたこともあり、友人もおらず、青春時代を謳歌した期間はたった1年間。

 

東京での生活は、日に日にメンタルを蝕んでいきました。

 

そして、すぐに現実を目の当たりにすることになります。

 

制服を着てキラキラした青春はもう二度と訪れない

 

これからの人生がハードゲームになっていくことが容易に想像がついたことで、より一層、自分の殻に閉じこもっていきました。

 

上京したての頃は、地元や高校の友人たちに、

「東京に住んでる俺イケてるアピール」や「18歳になったらホストの世界に行って一番になる!」

と豪語していた当時の若きCEOも、突きつけられた現状に意気消沈し、段々と連絡を絶つようになっていきました。

 

友達たちと再会するには地元に錦を掲げるみたく「成功するしかない」との考えに至るのでした。

 

手ぶらじゃ地元に帰れない・・友達たちに合わす顔がない・・

そんな不安定な思想を持っていた時期を支えていたのが「姉」でした。

 

絶縁状態にあったCEOの唯一の話相手だったのがこの、当時大学生だった姉。

姉は唯一、社会について教えてくれる存在でした。

 

「ペンは剣よりも強し」って言葉知ってる?

お前、ただのバカじゃ金持ちになんかなれねぇよw

別に大学が全てだとは思わないけど、世の中で成功してる人は皆、大学出てるから

 

この言葉がCEOの進路を切り開いたのでした。

 

ただ、大学に行けば、この先訪れるであろう茨の道から逃げることが出来るかもしれない・・

と言うのが本心でしたが。

 

主なエロ・エピソード

  • 学校の先生(ゲイ)で襲われそうになる
  • 出会い系に課金して合計10万円ほど溶かしてしまう
  • ピンサロデビュー

高校2年生の夏~卒業までの間、これと言って下系のエピソードはありません。

性に生きていた男が闇に堕ちた時期でした。

環境が大事だ!と考えていたのにも関わらず、その環境によって首を絞めてしまうとは思いも寄りませんでした。

大学進学~福岡へ都落ち~

ミス候補とナンパで付き合う

闇の時期を越え、晴れて大学生となったCEO。

東京から離れることにより、再び息を吹き返すことに・・

東京から逃げるようにして行った福岡でスタートした大学生活。

 

一か月が経過したころ、学校の前のバス停でナンパした子と出会い、何度かデートをした後に付き合うことに。

(この子は1年足らずで学校を辞めてしまいましたが、アイドルになりました)

 

それぐらいのクオリティがある子だったので、浮気をすることもなく、最高な学生生活を過ごしていたものの、そんな生活も1年足らずで終わりを迎えることに。

 

その後は、友人とゲーム三昧の日を送るものの、就職氷河期でことごとく希望する企業・業界の就職試験に堕ち続けました。

 

ただ、そのこともあり、大学4年生になった頃には、目が覚めたように勉学に打ち込むこととなりました。

ペンは剣よりも強し

この言葉を信じ、また東京へカムバック出来る日を夢見て・・

 

主なエロ・エピソード

  • 大学構内でコミット
  • 合宿免許でコミット
  • リゾートバイトでコミット

合宿免許はヤレるという都市伝説が本当だったので体験談を書きます

2018.05.26

リゾートバイトはヤれる?自身の体験談を基に都市伝説を支持します

2018.10.27

大学生ならではのストーリーとしては、やはり合宿免許、リゾートバイトでの話。

それぞれのやれる説をCEOが実証した話です。

京都の不動産屋へ就職~社会人スタート~

関西という未知のエリア。

 

京都に強くなるということは今後の人生のアドバンテージになるであろうという考えとビジネスの基本である「営業」を学びたいという野心に満ち溢れていました。

 

また、この時期にちょうどストリートナンパを再開。

関西女とやれるだけやっておきたいという気持ちを抱えながら。

 

ちなみに仕事は、3年半ほど働く中で、営業成績で、ある部門で社内トップの成績を出すことができました。

この時点で目標は達成です。

 

 

 

ただ、社会の現実を知っていく中で起業をするという野心は消えかかっていきました。

主なエロ・エピソード

  • 子持ちの若親とその子供が寝ている横でコミット
  • 物件案内中に基地外BBAからFサービスを受ける
  • 出会った女性客とコミット多数

【体験談】不動産の営業は出会いに困らない仕事だった(美女画像あり)

2017.11.21

退職後~個人事業主になるまでの間

ヒモ時代

京都の不動産業者を退職後は当時、付き合っていた彼女の家でヒモ生活をしていました。

この時期、山登りにハマっており、ヒモ・ニートでありながらも、1~2週間に一度は電車で山へ繰り出ていましたw

自堕落な生活を送り、それに慣れてしまっているクソ人間でしたw

ニート(ハローワーク職業訓練)

ヒモ時代を経て、再就職を目指す前に失業保険をもらうためにハローワークの職業訓練を3ヶ月受講。

ハローワークと言えど、男女が出会う場に変わりはありません。

歳が近い子とズブズブな関係を築きました・・

ハローワークの職業訓練は出会いの場!?ズブズブな関係を築いた話

2018.01.29

東京で就職

1年間ほどのブランク期間を経て、晴れて再就職!

東京にカムバックしたCEOですが、堕落した生活を送っていた為か長くは続きませんでしたw

この頃のエピソードとしては、カラオケで店員に部屋凸された話です。

カラオケに監視カメラある説はガチ!鉄人入店30分後の強制退店話!

2018.10.31

地元で就職

東京から逃げるようにして帰ったものの、ここも1年しか続かず・・

この頃のエピソードとして記事に書いているのが、合コン体験談です。

詳しくは、以下をご覧ください。

合コン・体験談|4:4でお持ち帰りした時のレポ※LINE・音声あり

2017.11.20

個人事業主として生計を立てる(現在)

誰かに雇われるという生き方が嫌で、何とか一人の力で飯を食っていく!

その気持ちで邁進し、現在、ネット関連の分野で個人で仕事をしています。(会社員になっても続かないのでw)

 

先行きの不安はあるものの、1年以上とにかくガムシャラに働き、ようやく一人前になりました。

 

街コンへはその合間を縫って参加しているという状況です。

 

また、歳を重ねるごとに消えゆく野心の中でも、どの分野でもいいから日本一になりたいという気持ちから「街コン」を選び、そのミッションに向けて取り組んでいます。

 

 

CEOのオススメ街コンレポ

千葉・街コン|海幕で美魔女案件確保!?平日夜の大人向け街コン|街コンレポ㉙

2018.09.10

大宮・街コン|一人参加の味方『Rooters』の実態と初参戦の感想|街コンレポ㉘

2018.09.10

松本・街コン|更新不可能!?最速伝説が生まれた夜|街コンレポ⑥

2017.11.23

表参道|街コン中のお持ち帰り!?リアル動画を公開!|街コンレポ⑩

2018.01.01

オタクじゃない男のKOIKOI・アニメコンレポ|街コンレポ⑪

2018.01.02

部署案内

本社

街コンCEOによる街コンレポをはじめ、全国の社員(読者様)から寄せられた街コン体験談も掲載しています。

ほかにも合コン体験談ハローワークの職業訓練体験談合宿免許体験談など、自身が経験した他の出会いについてもご紹介しています!

 

デートレポ保管庫

街コンCEOのデートレポを保管しています。100人ミッションの経過をすべて保管しています。

他にもマッチングCOOによるマッチングアプリ体験談や出会い・恋愛について、デートテクニックなどを解説しています!

 

 

街コン戦略室

街コンで成果を上げるためにはどうすれば良いか?

ということを解決するべく、立ち上げられた専門部署。

街コン参加に向けた事前準備から始まり、基本戦略街コン後に送るファーストLINEお持ち帰りについてなど、幅広い視点から街コン攻略に向けて情報発信を行っています!

 

CEOが利用する街コンポータルサイト

街コンジャパン

街コン情報ポータルサイト最大手の街コンジャパンを利用しています。

 

理由は単純。一番利用者が多いからです。

 

人が集まらなければイベントは開催されません。

私、CEOも今まで街コンジャパンを通して29回のイベントに参加しています。

ルーターズ

一人参加限定街コンといえば、ルーターズ。

 

全員が一人参加という状況なので、気が楽です。

CEOも実際に参加経験があり、その時に発展を遂げた経験があるので、推さない理由がありません。

コンパde恋プラン

街コンに限って言えば、上でご紹介した二つのサイトで事足ります。

街コンとは異なり、少数で長い時間楽しみたいという街コンとは真逆なコンセプトをもつ合コンもオススメしたいと思います。

 

こちらも利用者が最も多い「コンパde恋プラン」の利用が良いでしょう。

セッティングまで無料で利用出来るのも安心できるポイントです。

 

こんなクズみたいな人生を送っている私でも、女には困ったことがありません。

それは、女遊びに真剣に生きてきたからです。

 

社員の皆様もCEOのように女に困らない人生を送るためにも積極的に出会いの場に繰り出て、場数を踏みましょう!